求めよ、さらば与えられん

元カレとの連絡は切れました。

友達に話したら、『彼は自分から会いたいとはいってこなかったでしょ?』と言われ、図星。

近況として転職受ける話をしたら、『気軽に会えるようになるね!』と言われたまでだったから。

 

結局カギの話もしてこず。

つまり『返しに行こうか?』と言われるのを待ってたのだろう。

 

でも私から会いたいなんて言うわけないし。

 

なんで彼に連絡しちゃったかというと、後輩と一緒にいて一年間香港に住んでるにも関わらず何ら面白いウンチクを聞けなかったからつまらなくて仕方なくて。

 

たった3日いただけでも『英語が通じるは通じるけど広東語しゃべれないと生活しづらいな』と思う国なのに、一年たってやっと教室に通い始めたと聞いて驚くし。(私なら速攻で通う)

 

わたしは知らない世界の話を聞くのが好きだから、香港人がどういう生活をしててどう過ごしてるのか気になるのに、それを聞いても

『どうなんだろね?上司もプライベートは話さないから分からないや』で終了。

 

好奇心があるのかないのかよくわかんないや。

 

だから、

わたしは自分の顔色を伺ってきてばかりの一緒にいてもつまらない男といたから、元カレを思い出しちゃって比べちゃったわけで。

 

それでつまらなすぎて彼に連絡してしまったわけで。

 

だから、仕方がない。

これからは、『そういうときは私に連絡して!』と言ってくれる女友達に連絡すればいいし、

やはりいまは妥協せずにセックスできそうなレベルの外見の男と会うべきだと気づいた。

 

みんなに後輩の写真見せると

『んー、まぁかっこよくないけど普通じゃん?』と言われる。

でも久々に会って、こいつ顔でかいし出っ歯だし汗かきだしゴチャゴチャした顔だし、うーん…キスできない…ってなった笑

自分が矯正してたから、他人の歯並びが気になるし、顔大きい人は怖くて無理。

汗かきは愛してる人なら全然平気だからまた次元が違うかな。

 

絶対絶妙なバランスな人が現れると信じて頑張ろう。

香港

つづき。

 

昨夜もシャワーを先に浴びてもらって「先に寝ててね」と伝え、ゆっくりめにシャワーを浴びて出たら、ララランドのめっちゃムーディーな歌が流れてて動揺。

とりあえず更に時間をかけ、相手が寝てるのを確認してから寝た。

ら。

 

背中を拳で触られてるのを感じ。

あぁ、やはり私はソファで寝るべきだった、なんとでも理由つけてホテル泊まれば良かった、と後悔しつつ気づかないふりをしてたら、

拳が強くなり笑

 

「…ん?」と言うと「…うん」と言われ手が離れた。

 

そして明け方、また背中を急にさすられて脇腹もすりすりされ始めて、

「あぁ、元カレたちにこれされるとすごく落ち着いて眠れたのに…」と泣きたくなり。

『ごめん、寝かせて』と言ってやめてもらった。

 

ら、朝すごく不機嫌そうになってて尚更私の顔を伺ってて。

昨日は『仕事があるから』と彼の職場もある空港まで来ようとしてたのに、

結局「途中の乗換駅まででいい?」と言われ、『なら余計面倒だろうしいいよ!時間もったいないよ〜』と伝え、駅に向かったらまさかのそこで解散だった笑

気楽だから全然いいんだけど、なんの茶番なやり取りだったんだ?笑

 

すぐにLINEで『8月の旅行も楽しみ!』ときた。

そうだ、元カレと行く予定だった会社の福利厚生施設の話をしたら彼が一緒に来たいと言ってたのだ。

 

いやぁ、このままじゃしんどいなぁ。

 

面倒なことしちゃったなぁ。

香港

自分を確実に好きでいてくれる人と一緒に過ごして自尊心を取り戻そうとしたけど、やっぱり無理だった。

 

エスカレーターで私の背中(汗だく)に頭を置いてきたり、私の頭に自分の顎を乗せてきたり。

プリッツがいくつか入っただけの袋を持とうか?と言ってきたり。

私は車が後ろから来るとわかった上で歩いてるのにわざわざ背中とか肩をがっしり掴んで寄せてきたり。

 

マッサージは足やりたいと言ってたのに、私が身体のコースにしたら自分もそれにしたり。

 

その割にこちらが会話を振ってもすぐ終わったり。

 

優しさアピールなんだろうけど、こちらがそれに対して相応のリアクションをしなきゃいけないみたいで、債務を負わされたみたいで疲れる。

 

ボーッとしたいねって言って海辺に座ってたのに、じーっと私の顔を見てきたり、座ったり立ったりを繰り返してはフンフン鼻息荒くしたり。

 

すごく悩んだけど、二日間いてやっぱり違うなぁと思って話をして、ある意味告白を断ったも同然なのに、恋人みたいな行動をしてくるからすごく戸惑う。

 

そして、結局私は心が弱いので元カレの連絡に返してしまいましたよ、ちゅみちゃん。。。

 

普通に互いの近況報告して、鍵の話は結局触れてこず。

まぁ友達として会いたいんだろうなって感じだった。

でもまた好きになっちゃいそうだから会いたいとは思わないし、会いたい気持ちはあるけどあったら自分に良くないと分かってるから会わない。

 

この三日間で、なにを学んだかなぁ。

피곤해

考えることが多すぎる

 

結婚相手探し

転職オファー

 

そんくらいか笑

 

いまは早く後輩に会いにいきたい一心だけど…

 

徒然

昨日は大好きな会社の先輩と飲めて幸せだった。

こういう男気あふれる人と結婚したかったなぁ〜

めっちゃ好きだわ。

 

つまりこの人みたいな人を探せばいいのだ。

 

今日友達と婚活パーティーに行ってみた。

8人と回転寿司方式で話すんだけど、最初に話した人(32歳?、結婚願望高い、バイオリンやってる、でも研究職で収入高い…)は

ハゲかかっててオタクっぽいんだけど一番コミュニケーション能力が高く、共通点も多かったからお友達にはなれるなぁと思ってたら、まさかのカップリング成立(笑)

 

友達にも「あの人身なりはオタクっぽいけど一番コミュ力高かったよね!そまなが選ぶのもわかるよ!」って言われ。

 

とりあえずご飯行ってもいいかなぁ。

磨けばかっこよくなるのかなぁ。

また家にクモが出たので(去年と同じ脱衣所に!)、Gが近くにいる可能性があると思い早速業者を手配した…

10階だし、生ゴミは日々処理してるし。。。

去年も風呂場の天井から渡ってきたとのことなんだけど一体何なんだろう。

業者呼んでこの夏は我慢して、涼しくなったら引っ越そう。

 

 

そんなこんなでてんやわんやしてたら、彼のことを思い出してもそこまでざわつかなくなってきた。

無の感情?

 

むしろ、夢に後輩が出てきたくらい。

もういいんだ、彼のことは整理され始めてるのだろう。

 

部屋に虫が出たときに助けに来てくれる人はいなくなったけど…

虫を殺してくれるためだけに付き合うわけじゃないし。

でもどっちにしろ早くいい人に出会いたいな笑

幸せという感情が少し顔を出してきた

私をいつでも元気づけてくれて、前を向こうという気持ちを起こしてくれる音楽と舞台に出会えたことが幸せで、

それを今年また見に行けることも幸せ。

 

実家に帰っても、何も聞かずに受け入れてくれる家族の存在が幸せで、

言わずとも私の好物を用意して待っててくれる家族がいることが幸せ。

 

私が精神的に波があって暗く重いLINEをしても励ましてくれる友達がいることが幸せ。

 

いろんな人、もののおかげで日々一歩一歩、前を向いて歩き出せている。

すごく不安なことも、深呼吸しながら乗り越えられた。

都内を歩くのがまだまだ怖いけど、きっと慣れるから。

大丈夫。