マイナスからプラスに

すごく気力が落ちていて

不安になってわんわん泣いた

 

私人見知りだし

アメリカ人が集まる会議とパーティーに急に行けなんて

怖すぎて怖すぎて

 

どうしよう?!ってなって先輩に相談したらまた怖くなって

 

友達に電話で泣きついた

 

でも言われたの、

「考えてみて?あなたの会社にシンガポール人の子がやってきて、一緒に福島くらいの田舎で日本人が集まる会議に来たらどう思う?

『この子どっから来たんだろう?』って優しく話しかける人も絶対いるし、

シンガポール?!そんなとこから偉いね!』ってみんな思うし、

言葉の問題で何もわかんなくったって仕方ないってみんな思うでしょ!」って。

 

ほんとだわ。

壁の花になったって別にいいし、

会社のお金で見学に行けてラッキーくらいに思えばいい。

 

「そまなは大学時代、思い立ったらすぐにいろんな国に留学とか旅行行って、各地で友達を作ってきて、私にとっては本当にキラキラした憧れだったよ?!

いまのあなたはちょっと思いつめすぎてる。

真面目な性格だからこそ自分を追い詰めすぎ!もっと軽く考えて〜!」

 

本当だ、わたしは前はそうだったのに

その頃の勇気と怖いもの知らずさはどこに行ってしまったんだろう?

 

でも、その真面目さが私のいいところだし、

責める必要はない。

 

過去にもパーティーで辛いこととかあったけど、そんなのしばらく経てば忘れるし

てか優しい人がいても忘れてたし笑

 

だから大丈夫

案ずるより産むが易し

大人の夏休み!

まわり

「ひとに期待をしちゃいけないと学んだ」とか言ってた自分が、

だよりも他人に甘えて期待してたことに気づいたって言ったら

 

「それっていいことじゃない?

周りの人に恵まれて育ってきたってことでしょうか」

って言ってもらえて

なんかすごく納得して嬉しかった

クソが

http://nyanonyan.hateblo.jp/entry/2018/07/19/221105

 

前の記事でこう書いてたのに、今日になって事態が急転

 

私は自分の上司から「現地のサイコパス上司に、女性を派遣するなら女性のカウンターパートにするのが普通だよね、と話す」と聞いていたのに。

総務部長とたまたま会って話してたら

「え?サイコパスはカウンターパートから変えられないから、女性のカウンターパートを追加で用意するようにって話だよ」と言われた。

さらには

「そまなとサイコパスとで直接話して、誤解を説いて不安をなくそうって話」とも。

 

その後【そまながかんちがいしてるから】という枕詞付きでまたみんなで打ち合わせとなり。

大騒ぎ。

 

同じ話を人事からされて、

「勘違いってなんですか??」と聞いたら

「彼がしつこいメールをしてきたのには理由があると思うし、その意図をそまなさんが勘違いしてるかもしれないから。そのわだかまりを解かないと」って。

 

「勘違いではないですよね??

事実としてそれが彼のコミュニケーションの仕方なので。

それを現地で一人で対峙しなきゃいけないのが不安だから相談した次第ですよね」

というと、これには私の上司も

「それをそまなさんが一対一で話すのは無理でしょ、彼は暴走しちゃうから」と。

 

でも結局、結論としては「彼を変えることはできない。だから話し合って納得してもらわなきゃいけない。そまなが納得しないと心配だから人事はあなたを送れない。」

って。

 

はぁ、そうですか。

私が行きたがってる、っていう形を取るんですね。

 

ショックだったのは

「彼に対していま心を閉ざしてる状態だと思うから、かと言って無視したりとかあまり大人げない対応をされちゃうとこっちも困っちゃうんだよね。

誰にでも職場に嫌な人はいるしさ」って言われたこと。

 

ふーん、わたしの決死の訴えはアホだったってことですね。

マリッジブルーくらいに捉えられてるんですね。

自分の命を守る行動も、大人げないと言われるんですね。

 

じゃぁもう黙ってヘコヘコするしかないんですね。

 

今日は久々に嗚咽するほど泣いた。家で。

会社のトイレでも泣いた。

人生

インスタ見てたら。

 

ゼミの一つ上の先輩がとってもお似合いな台湾系アメリカ人と仲睦まじい写真をアップしてたり

 

なんかよくわからない生活してた小学校の塾の友達が一年で結婚&出産してたり

 

みんなそれぞれその人らしい生活してるんだなーって

 

私は10歳上とメールやり取りして

お昼に長話してコーヒーお裾分けして

それだけで幸せに思ってしまってるけど

 

本当はアジア系アメリカ人と結婚したいはずなわけで

高い意識を持たないと!