元カレについて

会ってきた。

不思議なもので、なんの違和感もなく、一週間ぶりにあったような気分。

 

可愛くなったと思われたいから努力して、可愛い可愛いと言われつつも、「そまなは俺の好みなだけで世の中では中の下だよ」とか。

「彼氏候補がいて安心したよ」とか。

上から目線になろうと必死な姿を見て、あぁ、やはりこの人は本当に幼いと思った。

 

私とのセックスに飽きたから他の女を家に上げたとか、最低なことも平気で言ってくる。

(「そまなが聞いてきたから答えただけじゃん」と私のせいにしながら)

 

そんなクソ男を愛した自分が悲しくて、

でもそれはもう仕方のないことで、私はその人と別れるという選択肢を取れたからもう少し前までの私よりも成長していて、あとはただ幸せになるよう突き進むしかない。

 

もう過去だから。過去のことに悩まされるのは、自分でそう考えているからなだけ。

 

付き合ってるときも彼が浮気してそうな雰囲気を感じるたびに、いまと同じような気持ちになってた。

 

やっぱり自分を泣かせるような男とは一緒にいてはいけない。

そういう人は自分の事しか考えてなくて、誰かを幸せにするなんて一生できないから。

宮迫だって不倫繰り返すし。もう病気なわけで。

 

そんな男は私の人生にはもう必要ない。

 

 

会う

元カレに会おうと言われた。

 

正直、新しく会ってる人のほうが素敵だし

元カレに未練はない。

 

元カレと体の相性良かったから会ってそうなっても別にいいと思ってるんだけど

実際会うと心揺らぐのかな?

 

 

ネック

いま会ってる彼のネックな点。

・姉彼妹という3兄弟の真ん中長男

・家族仲が良すぎる。未だに家族各々の誕生日会をやるらしい

・社交的な人見知りタイプで、バーとかですぐ友達が出来るっぽい

・何なら地元のお祭にも参加してるらしい笑

 

良い点。

・約束の時間守るし、最寄り駅まで送ってくれたりと優しい

・真面目だけど黒い話もできる

・私の話したことを細かく覚えてくれてる

・自分の家族とも馴染んでくれそう

・家が大きかったり私立一貫だったり、経済的な面が合う気がする

・他人の気持ちが分かる

 

彼の高校の友達の話をしていて、その人は結婚する考えがまったくなく

彼女が結婚に対して前向きな雰囲気を出してくるのを察知するとすぐに別れるらしい。

 

最悪だったのは、彼女とスペイン旅行に行って夜景のきれいなレストランに彼女を連れて行って彼女がプロポーズされると期待してることを察知したその人は、その場で彼女を振ったらしい笑

「やばいよね、いつか刺されると思う」って言ってて、女性側の気持ちになれるのはプラスに評価した(笑)

 

 バー気になるなぁ

神楽坂

アプリで知り合った3歳上のひと。

元カレと同じ会社っていう不安要素があったけど、今日二回目過ごして不安要素が消えた。

 

まず洋服がそこはかとなくダサくてモテなそう。

そしてチャラそうに思ってたけどむしろ逆かも…?

 

今日は昼1時から会ってたけど、神楽坂ぶらぶらして夜10時に出て、私の最寄り駅まで送ってくれた。

 

会話がなくなることはあるけど、別にそんなに苦じゃなくて。

最後別れ際、じゃあまた次回って言って握手されたのは謎だったけど笑

 

なんかほのぼのしてでも黒いことも言うし充足感ある人だなぁ

面接

転職の最終面接。

全然手応えなかったけど数時間後には内定もらいました。

 

さぁ、どうしよう。

クロール

毎日もがいてる。

必死にいい状態にたどり着こうと、もがいてる。

 

つらいけど、いつかは糧になるから。

良いイメージをして。

 

恋に殺される人はいない。

今の苦しみは、いつか絶対に感じなくなる。

だから今の苦しみを、先に持ち越さない。

センチメンタル

友達に集団での好きなタイプを聞かれたから答えたら、

「そんな人はみんなもう結婚してるよ。」って普通に言われた。

そんなこと、わかってても言わなくてもいいのに。

やめろよ、ふざけんなよ!と冗談めかしていったけどヘラヘラ笑って何も言わなくて、彼女の本心なんだな。

 

そんな人がいると信じて、そんな人に会えると信じて進むしかない。

願わないと何事も叶わないから、願えばいいだけ。

諦める必要なんかない。

 

 

今日は隅田川の花火だから、次の約束までの数時間、銀座付近を歩いてるだけでカップルに遭遇しまくって爆発したくなる。

 

 

だから、ふと足が向かったのは神田明神

 

 

別れる直前も鉛のように重い心を引きずりながらここに来た。

考えたら、ちょうど一月前だ。

その時ののぞみ通りに、悪縁が断てたのかな。

きっとそうだから、今回は、良いご縁があるように。

 

 

近くのカフェに来た。

落ち着いた雰囲気に、久々に涙が出てきた。

私は不安で仕方ないんだな。

別れたことがまだ悲しくて仕方ないんだな。

 

でも人生まだまだこれから。

とりあえず今日は笑って過ごしたい。